リバース・モーゲージの手引き > 最新ニュース > 年齢差がある夫婦とリバース・モーゲージの利用について。

年齢差がある夫婦とリバース・モーゲージの利用について。

リバース・モーゲージの利用にあたって、miami heraldで興味深い記事がありましたので、紹介したいとおもいます。

ある老夫婦(78歳の男性と64歳の女性)がリバース・モーゲージを利用しようとしているが、融資の審査にあたって対象者の基準が女性になってしまい思ったほどの融資が得られないというものです。

原文はこちら

資産価値が$550,000あり、抵当もローンもないにも関わらず月々$680しかその老夫婦は得ることができないことを嘆いています。彼らは旅行などを楽しみたいが手持ちの現金があまりなく、何とか手持ちの資金を増やせないものかと思案しています。

住宅担保ローンを使えば、もう少しまとまった金額を得られますが、それはあくまで 一時金融資の制度であり、またリバース・モーゲージにおける奥さんの権利を放棄しますと、夫が亡くなってしまうと奥さんは住居を手放さなければなりません。

さて、この問題について老夫婦がどういった答えを出すかは分かりませんが、この問題は今後のリバース・モーゲージにおいて、もしかすると重要なことを示唆しているのかもしれません。

わが国でも年齢差がある夫婦は珍しくありません。そして、そうした夫婦がリバース・モーゲージの利用を考えた場合、年齢差は融資金額に大きく影響してきます。

つまり、上のように10歳以上の年齢差があるということは10年分以上、融資をする際の年数を多く設定し、金利リスクなどのリスクを考慮するために、その分、月々の融資額が減るということです。

年齢差のある夫婦がリバース・モーゲージを利用するには、夫婦でよく相談するか、あるいは融資者と相談して、独自の融資プランを用意してもらうことを考えてみても いいかもしれませんね。

いずれにしろ、かなり難しい問題です・・・。


スポンサードリンク

スポンサードリンク