証券会社を選ぶ。

ここでは、株式投資を実際に行っていくのに欠かせない「証券会社」について説明したいと思います。

現在、日本には国内の大手証券会社をはじめ外資証券会社、ネット専業証券会社など様々な種類の証券会社が300社ほどあります。

様々な種類があるというとそれぞれが違うことをしているようですが、「証券を扱うことを業務とする」会社という基本的な業務内容に変わりはなく、「違い」と言えば、サービス面や取り扱い商品の種類、手数料の安さ、インターネット取引が中心という点が挙げられます。

そもそも証券会社は私たち個人投資家が投資を行っていく上で、証券取引所を通じて売買を行う「投資家同士の仲介役」という大切な役割を果たしている会社でありまして、私たちが株式を売買する時に発生する「手数料」収入を主な収入源として業務を行っています。

では、そうした様々な証券会社の中からどういう風に証券会社を選んでいけばいいのかと言いますと、上に挙げましたようなサービス面だったり手数料の違いや投資を行う私たち投資家のスタイルつまり、投資のスタンスによって選んでいくことになります。

証券会社の口座開設までの流れは下記のようになります。

①各証券会社のホームページなどから資料請求を行います。 ↓ ②証券会社から口座開設の申し込み用紙が届きます。 ↓ ③必要事項等をご記入後、返信。 ↓ ④証券会社から口座開設の連絡が届きます。 ↓ ⑤銀行や郵便局から証券口座へ入金。 ↓ ⑥取引開始。

上のようの流れで、いよいよ資産運用として株式投資を始められるわけですが、証券会社への口座開設の前にポイントを少し。上でも挙げましたが、各証券会社によりサービスや株式の売買手数料、扱っている商品などにはバラツキがあります。最初から1社に絞り込むのではなく、数社の口座開設を行うことで各証券会社のそれぞれの「強み」を上手く利用することができるでしょう。また、ネット証券であれば、口座開設手数料や口座管理・維持手数料はほとんどの証券会社で無料になっていますので、容易に口座を開設・管理できます。

別ページにてネット証券を中心に証券会社を数社紹介しておりますので、ご興味のあります方は参考にして頂ければと思います。


スポンサードリンク

スポンサードリンク