資産運用としての株式投資の仕組み・・・

スポンサードリンク

ここでは、実際にどういった流れで株式投資を行っていくかを説明し、その仕組みについて、見ていきたいと思います。

まず、実際にどういった形で株式が取引されているかを見ていきましょう。

一般的な投資家のほとんどは株式市場に上場されている株つまり、上場株を売買することで株式投資を行っています。では、どこに上場しているかと言いますと、国内であれば東京、大阪、名古屋、札幌、福岡証券取引所などに加え、主に新興企業が株式を公開しているジャスダック市場、海外であればニューヨーク証券取引所やロンドン証券取引所です。

では、投資家はどういう風に株の売買に参加するかといいますと、事前に口座を開設しておいた証券会社を通じて、買い注文や売り注文を出すといった具合です。現在はひとくちに証券会社と言いましても、窓口や電話を通じての取引が中心の証券会社やインターネットを通じて取引を行う証券会社など様々な証券会社がありまして、投資を行う環境は以前に比べ、ぐっと良くなっていると言えます。

さらに現在では、国内の証券会社からでも例えばアメリカへの企業や中国の企業へも投資することができるようになっていますし、また、外国語に自信のある方であれば、インターネット経由で簡単に海外の証券会社に口座を作ることもできる時代を迎えています。

話を証券取引所に戻しまして、では具体的にどういった時間帯に取引が行われているかと言いますと、土曜日、日曜日、祝日(振替休日などを含む)、12月31日および年始3日間および年始3日間を除いてほとんど毎日行われています。ほとんどと言いますのは、上に上げた日時以外にも取引停止が行われたケースが過去に何度かありまして、1941年には戦争で東京証券取引所が取引停止、2000年にはNYで起きたテロの影響でNY証券取引所が4日間取引停止になったことがあります。

しかし、そうした例外的なケースは稀ですし、そうしたケースを除けば、年末年始以外の平日はほとんど行われているというわけです。

そして、証券取引所で取引が行われている時間帯は、午前中の9~11時の「前場」と午後の12時30分~3時の「後場」の2回に分かれています。

証券取引所とは別に証券会社自体はおおむね夕方の17時ごろまで営業していますが、一部の証券会社では夜間でも注文を受け付けているところも出てきています。

以上が株式投資を行うおおまかな仕組みです。現在の日本はインターネットを中心とした高度な情報化社会を迎え、投資を行う環境はひと昔前に比べますと、格段に向上してきています。そうした環境を上手く使えば、資産運用の一つとして株式投資はぐっと身近なものに感じられ、大変貴重な手段になるでしょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク