資産運用とリバース・モーゲージ。

スポンサードリンク

リバース・モーゲージは高齢者向けの資産運用の手段として、価値が高い選択肢の一つであるということは、当サイトをお読み頂きました方にはよくお分かり頂いているかと思います。

また、それと同時にリバース・モーゲージを利用するにあたって、その他の資産運用の方法を知っておくことは、大変貴重な手段になり得ます。

リバース・モーゲージにおける三大リスク、金利リスク、担保割れリスク・長生きリスクに備えるために、定額融資あるいは、極度額融資の場合に関わらず、融資額のいくらかを株式・債券などで資産運用を行うことはリスクを分散させることができる可能性があります。

また一方では、リバース・モーゲージとその他の資産運用を組み合わせることでさらに、生活を豊かなものできる可能性があります。

そこで、ここからはリバース・モーゲージとは別の資産運用、例えば株式投資や債券投資、あるいは投資信託への投資などの「資産運用」について考えてみたいと思います。

資産運用つまり、自分の資産(現金、不動産、金融資産など)を運用するということは、年齢、周囲の環境、サラリーマンであれば勤続している会社、家族構成、収入の状況、貯蓄額など自分に関わる様々なことを分析し、それを元に考えることに他ならず、百人いれば百通りの資産運用の方法があるということになります。

若干ニュアンスは違いますが、広義の資産運用ということについて、アメリカの著名な投資家であり、見識深いバートン マルキール教授はアセット・アロケーション(投資における資産配分)は「科学というより芸術に近い」ということをその著書で語っています。

つまり、資産運用とはある人の人生が数字や理論で片付けられないように、単純に画一的な方法で、片付けれられるものではなく、選択した資産運用の方法がベストであるかどうかは誰にも分からないものです。

そんなことを言ってしまいますと、資産運用そのものが難しくて、ひどく厄介なものに感じてしまいそうですが、自分なりのルールやポリシーをいくつか持って臨めば、資産運用を考えることは、それほど難しいものでもありません。そもそも資産運用とは、リバース・モーゲージもそうですが、自分のライフスタイルを楽しく、豊かにするものですから少々時間が掛かってもゆっくり慎重に考えればいいですし、あなた自身のスタイルで臨めばいいものだと思います。

資産運用は考えれば考えるほど、奥が深く、興味深いものです。資産運用を考えることはある人には「安心」や「充実」を与え、ある人には「刺激」「意欲」を与えてくれる ものです。

これから、当サイトの管理人である私なりの資産運用についての説明を数ページに渡って行っていきたいと思います。拙文ではございますが、このサイトをあなたの資産運用の参考にして頂くことができれば幸いです。


スポンサードリンク

スポンサードリンク