リバース・モーゲージ

まず、リバース・モーゲージ(reverse mortgage)という言葉についてですが、リバースとは「逆の」あるいは「反対の」、「モーゲージ」は「抵当」、「担保」という意味を表しています。リバース・モーゲージは直訳すれば「逆抵当」、一般的には「逆抵当融資」や「住宅担保年金」と和訳されています。イメージとしては、ちょうど「住宅ローンの逆」のようなものと考えて頂ければ分かりやすいと思います。

リバース・モーゲージを包括的に説明しようとすると少し長くなりますが、以下のようになります。公的・民間の金融機関・住宅メーカーや国、地方自治体などが主体となり、高齢者が所有(居住)する住宅及び土地などの不動産等を担保として、生活資金や医療費等に充当する資金やゆとりある生活を送るための生活資金を定期的あるいは一時的に融資し、契約終了時(死亡・転居など)にその担保とした不動産あるいはその他の金融資産を持って一括返済を行う制度の総称。


さらに詳しい説明は下からどうぞ。

逆抵当融資、住宅担保年金と呼ばれるリバースモーゲージ。


スポンサードリンク

スポンサードリンク